FCafe  カテゴリと検索

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  機能拡張の続いているFC2ブログですが、今日は私の考えを少し。
「考え」といってもまだ漠然としていてうまく纏まるか判りませんが、書いてみることで「整理」できるかもしれません。 ・・・というのも、掲示板等で私と同様?の意見を目にする一方でまた異なる御意見も確かに存在する事実を認識しておりまして、やはり一方のサイドに立って突き詰めてみる必要があるのでは? と感じたからです。
( ちなみに私の立場(要望)は以下の通りです )

  ○ カテゴリ(と検索結果)は「一覧」で読みたい
  ○ 複数語句(できれば and/or 選択)で検索したい
  ○ 「カテゴリの階層化」 はあれば便利だろう


最後の件は 「サブカテゴリのサポート」 と言い換えても良いでしょう。
”お料理 レシピ” 関連で調理法>素材別に30件くらいカテゴリがあるblogを知っています。
それ以外でも例えば、(映画、小説、ゲーム)などの大カテゴリ下に作品個別にサブカテゴリを設けたいケースなどは容易に想像できる事と思います。 (スクリプトで対応中)

・・一方、「一つの記事(エントリ)を複数のカテゴリに登録したい」 という要望もあります。
例えば、”恋人”・”お出かけ”・”グルメ”というカテゴリがあるとして、デートで中華街へ行き、食事をしたらそのどれにも記事を登録したい、というものです。 (仮にこれを「カテゴリのマルチ化」と呼ぶ事にします)
確かに、尤もな要望であるように思われます。 (私も最初はそう思いました)
しかし、ちょっと考えてみて下さい。 例えば上の例で「映画」も観たとします。
(記事のカテゴリは「恋人 ・ お出かけ ・ グルメ ・ 映画」 となります) 
そしてそのblogのカテゴリはその四つだったとします。 ・・どうでしょう。
(この辺が上手く表現できない部分なのですが・・・)
「全(或いは複数)カテゴリ該当」 の記事ばかりだったらカテゴリの意味は薄れてしまうのではないでしょうか?
「書き手」の心持ちとしては当然とも言えるこの衝動は、「読み手」には何のメリットも齎しません。 どのカテゴリを選択しても同じような記事の羅列が繰り返される事になるからです。
(「書き手」本人が「読み手」に転じた場合もそれは同様であることは論を待ちません)
リストの役割は詰る所、目的の「個別記事」へと閲覧者を導く処にあると言えるでしょう。
「マルチカテゴリ」はしかし、それを妨げこそすれ、助けてはくれないのです。

特にカテゴリ選択参照時に頁毎の分割表示となってしまうFC2では 各カテゴリ件数を膨張させる「マルチカテゴリ」は致命的でさえある、というのが私の考えです。
(複数条件に合致する記事は本来、「検索」に依り見出されるべきではないでしょうか)

Comment

sug sug Edit
04/08 21:53

カテゴリと検索 こんばんわ。
自分自身の要望は特にないのですが(仕様にあわせればいいやって、投げやりな考え方)階層化が実現すれば、記事を細分化し、マルチカテゴリ?が実現すれば、カテゴリを細分化するという方向性になると思います。

>複数条件に合致する記事は本来、「検索」に依り見出されるべきではないでしょうか
読み手から考えれば、これはもっともな意見だと思います。

ただし、書き手からすれば”読ませたい記事”は複数カテゴリに放り込む、という戦略が使えますから、要望がでるのかもしれないですね。

daniel daniel Edit
04/08 22:57

もやもや  sugさんこんばんは。
私も これについては考えがまとまっていませんでした。
で、記事中にあるような「私自身の希望」と絡めて考えてみまして、
敢えて「マルチ登録」反対、という立場にたって書いてみた訳です。
(ですから一部で「強引な論理の飛躍」もあります)

結局「記事の書き方」に帰着する、という事になるのでしょうが。
( 自分の記事でも 「複数登録」したいのアリマス )


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/108-cf3ac966

Shown after Admisson
.

≫ category追加 会議 ≪

2005 / 04 / 07  Thu
General   
Comment 2 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。