FCafe  FRAMED Template 概論

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  BLOGテンプレートに FRAME は「使える」か? という問題は、以前から個人的に抱いて来たテーマでした。 FRAMEを使えば「前後頁のタイトルリスト表示」等 通常では不可能な事も可能となる訳で、その辺がダーサイ的にたまらない魅力だった訳です。
しかし、ここ最近はそのようなトリッキーな応用への関心は薄れ、「 blogの軽量化(表示の高速化)に有効なのでは?」 という観点に立つようになって来ておりました。
  個別エントリの表示速度では極限に到達?したOdinを総合的に上回る為には最早MENU画面のりロードを廃するしかないのでは? ・・・とそう考えまして IFRAMEを使用したテンプレートを試作してみました。

  その実際について詳細に述べる前に 「(FC2blogに於ける)FRAME化テンプレート」についての「概論」などをものしてみる事にしました。
まずは フレーム使用の長所・短所について。


【 FRAME使用の利点 】 【 FRAME使用の欠点 】 .

  画像は勿論FLASHやアプレットがてんこ盛りになったblogはやはり、そうでないものと比べると表示が重くなりがちなものです。 それら全てでなく記事部分のみをロード可能とできれば、ページ繰りは高速となり、サーバーの負担も軽減される事でしょう。 (また、頁全体が空白となるあの「不安」な一時も解消される訳です)
  記事部を別FRAME化すれば <title> や <h1> に記事タイトルを使えます。
また、それに加えエントリ固有アドレスのソースを「ピュア」なものとできます。
  TOP頁の情報(最新記事の番号、カテゴリ総数や各archiveの記事数 etc)等、を記事頁側から利用可能となります(かなり高度な応用?)
  メニュー内容や記事内容を原因とする「ハミダシ」等の影響が他FRAMEに及びません。「カラム落ち」等の不安を払拭できます
  メニュー部、記事部共、お互いの領域を気にせずにソースが書けます。MARGIN や POSITION 、 FLOAT 等の指定が簡潔になります。

  ブラウザのアドレスバーにはTOPのURLが表示されたままとなりますので、個別記事へのリンクがされ難くなります。(記事中に固定アドレスを表示する等の配慮がいるかもしれません)
個別記事へのリンクから来訪された場合の表示をどうするかも考慮する必要があるでしょう。
  記事中で他サイトをリンクする場合、FRAME内に表示されてしまわないようにする対処が必要になります。 ( 勿論MENU部でのtarget設定は必須となります )
  ブラウズ中にコメントやTBが付いてもMENU部には反映されません。 閲覧者が付けたコメントもリストに載りません。 ( 対処法が無いこともありませんが )
  FRAME毎にソースを書かなければならないので通常のテンプレートよりもソース量が増えます。 MENU部と記事部でDTDを変更する必要もあるでしょう。

.

  一口に「 FRAME化 」と言ってもその方法は種々存在します。 既に月触さんが FRAMESET で先鞭を付けられていますが、私の試作品は IFRAME を使用しています。 ( この辺りについてはまた頁を改めて・・ )

Comment

mm mm Edit
08/06 15:08

Mac Safariで、きづいた点をお知らせします。
Archiveで月を選ぶと最初の1記事しか読めない。
Archiveで移動した後メニューが閉じてしまう。
トップページ/最新記事へはどういけばいいのかわからない。
もっとも大きな問題、FCafeさんの個別記事にリンクしたページから開くと
アイフレームの中身だけになってしまう。

daniel daniel Edit
08/06 15:27

mm さん 貴重な情報を有難うございます。
Archive で移動した時は「最初の記事」のみ表示させていましたが
先程改めました。 当初はarchiveの全記事を表示することとし、
以後は INDEX で選択した記事のみが表示されます
(「メニューが閉じる」とは INDEX 部の事でしょうか?)
いわゆるpage 0 は廃しています。 最新「月」を選択されて下さい。
TOPそのものをリロードする、というてもありますが,
TOPではrecentから最新記事の年・月を取得し、それが属すArchiveを表示させていますので、結局「同じ事」になります。

個別記事を独立で表示させた場合単独表示となるのは「仕様」です
(月蝕さんに右へ習えしました)
当初は_topではスクリプトでフレームを被せていましたが、
子frameを当該頁で開く手法*を確立するまで封印としました。
( 代わりに頁下部にTOPへのリンクを表示させています)


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/191-2a3a0e6b

Shown after Admisson
.

≫ FRAME化の方法 Whats Darkside ? ≪

2005 / 08 / 06  Sat
Template   
Comment 2 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。