FCafe  SlideShow plugin

  戦闘メカ(AI)のセッティングなどをしておりますと 自作機同士がライバルとなったりする事は良くある事でありまして。  『惜しい所でいつも勝てない』方につい肩入れしてしまいがちになるものです。(で、優劣が逆転するとまた・・というパターン ^^;)

「やった、これで "IFRAME版" が "スクリプト版" を上回ったぞ !」
・・などと 前記事をアップして悦に入っていた管理人でしたが一夜明ければ別の視点。
そう。 元記事を書いた頃には無かった plugin というモノが今はあるのでありました。
「プラグイン化」 してしまえば,『スクリプト版スライドショー』 の「テンプレート依存性」は大幅に軽減(殆ど解消)されます。 ・・・これはやって見るに如くは無いでしょう。

  スクリプト版スライドショーは画像がクリックされた時に、タグ中のイベントハンドラにより作動するものですから、スクリプト(関数)の記述は別にhead領域に無くても構わない訳でプラグイン化にはうって付け。 記述内容も関数定義文のみですから呆気無い程簡単です。
( 元記事ではhead領域に書いたものをそのまま free area に書けば良い )

.
<script type="text/javascript"><!--
function chg(U,N) {
var p=U.split("-"); var p2=p[1].split("."); var n=eval(p2[0]);
n++; if (n>N) {n=1}
return (p[0]+'-'+n+'.'+p2[1])
}
//--></script>
  * アップグレードしました (次記事を御参照下さい)
 【 使用法 】 オリジナル記事の抜粋ですが (前記事の例を用い) 説明します 

 ○ 愛犬の写真(jpg)が3枚あり、これを切り替えて表示したい場合、
 ○ テーマ(シリーズ名)を決めます (半角英数字にして下さい)  例) dog
 ○ 3枚の画像を dog-1.jpg  dog-2.jpg  dog-3.jpg の名前でアップします
 ○ 記事中の画像表示部に以下のタグを書きます

<img src="~/dog-1.jpg" onClick="this.src=chg(this.src,3)">

 <img src="最初の画像名" onClick="this.src=chg(this.src,枚数)">

・・・以上(これだけ)です。 ( alt オプション等は各自設定されて下さい)

.

などと申しましても、今は「共有プラグイン」という制度も在る訳でございましたね (爺やか)
一応登録してみますので (御利用希望の方は)宜しければ後程そちらを。
( この方法には「スクリプトoff環境でも最初の画像は表示される」という利点があります )

  ★ このプラグインはアップグレードされています (次記事を御参照下さい)

Comment

Edit
01/08 14:47

わー!スライドショーが共有プラグインに♪
一日で解決なんて素晴らしいですね、danielさん。

使いたいけど使いたいけど…写真を撮る習慣がないorz
写真好きの皆さんどんどん使ってください~
(ここで書いてどうする)

daniel daniel Edit
01/08 15:28

洵さんに言われてみて、
「そういや スクリプト版そのまま放り込めばイイジャン」
・・・と。 (有難うございました)

「共有プラグイン」当初からの想像以上に可能性がありそうです
(システムそのものに組むMTのはもっと凄いんでしょうが )

有希之武 有希之武 Edit
01/08 15:37

さすがdanielさんや(^ー^)
これで私の所の記事が一つ要らなくなる・・・_| ̄|○
まぁ~それは良いとして。
これをテンプレートにと思惑は無理そうですね(笑)

それにしてもdanielさんのスクリプト系は重宝ものですね。

daniel daniel Edit
01/09 00:21

こんばんは。 勿論、テンプレート化は実現したいです。

( まだ、アイデアを整理中、といった段階なのですが・・・)


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/281-f542dc10

Shown after Admisson
.

≫ SlideShow script版改訂 スライドショー 改 ≪

2006 / 01 / 07  Sat
Entry   
Comment 4 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced