FCafe  有償サポートについて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  少し前になりますがFORUMこんな話題が。

 FC2ブログは「共有システム」を始めとして、FORUM歩き方など、無償かつ多様な形でユーザーが(他のユーザーから)サポートを得ることが可能となっています。 その充実度は、嘗て 身の程知らずにもレスキュー板を立てた事もある誰かさんが顔色を失う程です。
しかし、私は敢えて言いたい。  「FC2は有償サポートシステムを確立すべきだ」 と。

 無償サポートはあくまでユーザー有志の(どのような動機に根ざすものであるにせよ)「自発的意志」に基いてなされるものであり常に得られるという保証は全くありません。
「回答が得られる場合もあれば スルーされる場合もある」 それがFORUM です。
( 答えたくても回答者の知識・能力が及ばぬ質問もあるでしょう )

 もしも、幾ばくかの料金を支払う事で、『完全』且つ『迅速』な回答が『確実』に得られるとしたらどうでしょうか。 しかも、質問者の無知が揶揄されたり 努力やマナーについて責められる事は決して無く、 質問した事実自体の秘密も(望めば)守られるとしたら。
そのようなサポートを利用したい と考えるユーザーは少なくないのではないでしょうか。
今更人前で訊くのが憚られるような初歩的な質問から 高度なCSSレイアウトテクニック、果てはスクリプトのソースまで。  テンプレートをカスタマイズしたいが自blogは晒したくない人から、どうしてもソースが浮かばないへたれスクリプターまで。  ・・・しかし、そのようなシステムを望む声が「FORUM」に載らないのはある意味当然と言えます

 

「アマチュアによるアマチュアの為の」サポートも勿論素晴らしいものだと思いますが、 「プロによるプロをも対象にした」サポートもあってこそシステムは全きものとなるのではないでしょうか。

回答陣は各分野の最高峰。 フィーは回答者に入る(FC2は「場」を提供するのみ)。
基本料は定まっており、一定量以上のコードやファイルを提供する場合は追加料金が提示される、というシステム。
FC2が直接収益を得られる訳ではありませんが(回答者がFC2スタッフである場合は別)、このようなオプションの存在は FC2blogの「格」と「魅力」を確実にUPすることでしょう。 (これ故にアカウントを取得するユーザーもいるかもしれません)
独自ドメインサポートを機に導入を検討して欲しい所であります。

 FORUMでのTOPIC自体は 「非オフィシャル有償サポーターの是非」 についてが主だったように思いますが、これについても上記と同様の理由で肯定的に捕らえています。  勿論、各種規約に違反するような行為は論外である訳ですが、プロ(報酬を得て仕事をする人)が棲める余地があってこそ真の繁栄だと言えると思うからです。  夫々に得意分野を持つ様々な有償サポーターが登場(その性質上「仕事」の内容はデモンストレーションされるでしょうから)すれば それに刺激され無償サポートのレベルも上がり、ユーザーの選択肢も広がることでしょう。


Comment

有希之武 有希之武 Edit
07/04 11:24

確かに有償サポートの存在が有れば安心して質問出来る場を提供されると思いますね。
FC2社員が請け負うのではなく、danielさんの言うような、有償サポーターと言うシステムを作り、回答側に利益を還元し、それを登録ユーザーが利用する事で初心者レベルからプロレベルまでの質問が得られますし。
まぁ~多少はFC2側に利益があっても、雇用の場を設けるシステム作りと言う考え方もしっかりとしてシステム作りには必要なのかも知れません。
高度な知識を持ちながらそれを活かせない人も多く見受けられますしそう言った場を提供出来れば、多くの発展を望めるのではと思います。
(お~!私としてはかなり真面目なレスw)

有希之武 有希之武 Edit
07/04 11:25

あっ!パスワードとURL間違った(^^;

daniel daniel Edit
07/04 14:14

有希之武さん こんにちは。
ま、「自分が使いたい」 てのがまずある訳ですが。
(「独学」てのは色々効率が悪いので)
・・・・
「人力検索」とか「教えて」とかも良いと思うんですが、
(さっき登録しようとしたらメアドが使用済みでやんの ~~;)

後半の方はまた ちょっと趣旨が異なるんですが、「(無償サポートによる)自助努力」と「完全委託」の間にこのような選択肢があってもいい(面白い)んじゃないかと。

でもこういうのは徴収・還付システムが難しいのかも・・・


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/337-aa304d0e

Shown after Admisson
.

≫ 教授室 そして再統合へ ≪

2006 / 06 / 30  Fri
General   
Comment 3 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。