FCafe  Heimdal ver up !

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いや、もう、「一通り終了」 なんて言葉は二度と使いますまい。
此処を潰せばまたあちら。 延々と続くデバッグ。(まるで今年の梅雨みたい)
しかも、人様から教えて頂いて初めて分かったバグはどれも致命的なモノばかり。
・・・すっかり意気消沈している管理人ですが 気を取り直して。

  共有テンプレート Heimdal ( 「ハイムダル」とお読み下さい )をバージョンアップしました。
Heimdal が「 titlelistをナビゲーションの基点とする」というコンセプトから作られ、その為に FRAME構造が採用された特殊なテンプレートであるのは初版紹介記事に記した通りですが、今回の改訂はそのコンセプトを更に強化・徹底する事を主たる目標としています。

 上記記事中にも触れた如く、(オリジナルの)Heimdal はその機能の殆どをスクリプトに依存していました。 スクリプトoff環境でも LIST oriented な性状を保つ Odin と比較しますと(マルチエントリ表示の是非はおいて「作者」として)中途半端なイメージがぬぐい切れなかったと告白せざるを得ません。 いや、今振り返ってみれば、View の機能を超える物ではなかったと言っても過言ではないでしょう。
・・しかし、当時の私にはそれが精一杯であったのもまた厳然たる事実です。  数ヶ月を経た今、「完全」と呼ぶには未だ及ばないものの、自ら少なからぬソリューションを蓄える事ができました。  今回の改訂の主なポイントは以下の通りです。

 
  1. スクリプトoff時も LIST-oriented なナビゲーションスタイルを維持可能
  2. archive ・ category に加え search でも該当エントリを全てリスト表示
  3. 表紙・個別記事・コメント編集の各頁毎にプラグインを使用可
 

「Web閲覧時はスクリプトはoff」 という方はそう多くはないと思われます(しスクリプトonでの閲覧者様には関わりの無い事項ではあります)が、1)は今回のソース改定の(量的な)主要部分と言えます。  初版では「サイドフレームにtitlelist」 という固定観念に縛られ、その他のモードを全てメインフレームに表示させていた私だった訳ですが、ちょっと視点を替えれば直ぐにこの問題の解は見出だせた筈なのでした。
即ち、「メインカラムには表紙と個別記事しか表示し(させ)ない」 という着眼です。
新しい Heimdal はスクリプトoffの場合プルダウンメニューで特定月のarchiveを選択すればサイドフレームにその月のエントリ一覧*を、カテゴリを選択すれば該当カテゴリのエントリ一覧*を表示します。  そして更に! サイドフレームへ移された検索FORMからブログ内検索を行った場合は Hitしたエントリの一覧*も其処に表示する、という仕様といたしました。
「サイドのリストからエントリを選択してメインで閲覧」 というスタイルが一貫して保たれます。
*勿論それらは titlelistではなく、topentryでありますから、エントリ一覧が頁分割される場合も有り得ます(当然その場合はサイドフレーム内に前後頁へのリンクも表示されます)  Odin の場合も同様ですが  Heimdal 使用時は記事表示件数をMAXに設定されて下さい

 2) は(私個人として)今回の改訂で最も画期的であると認識している事項です。  Heimdalがその真価を発揮するのはスクリプトon時である事は言うまでもありませんが、今回追加されたこの機能は「ブログ内検索結果」をtitlelist的に表示する、という(私の知る限り)過去に類例を見ないものです。
詳細は省きますが管理画面のAjaxからヒントを得たこの機能はFC2blogの諸制約を克服し得る可能性を秘めていると言っても過言ではないかもしれません*

 3) 自前のナビゲーション機能が肝であるということもあって 初版の Heimdalではプラグインは表紙末尾にカテゴリ3の枠を設けたのみでありましたが、昨今のプラグインラインアップの充実に鑑み、メインカラムの各モードに使用可能なプラグインカテゴリを割り当てました。
表紙がカテゴリ1、個別記事表示頁がカテゴリ2、コメント編集頁がカテゴリ3 となっています。(2,3カテゴリは content のみ表示。 カテゴリ1はコメント編集時CSSにより隠されますがソースは出力されます )

 

*革新的と思った「D計画」 とは別に出て来た「T計画」からも思わぬ収穫が得られました。
  初めて搭載されるこのテンプレートにちなんで「 Heimdal Overdrive 」と命名。
  ・・・テンプレートに更なる進化を。 


Comment

- - Edit
07/30 16:28

管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます

麻生(阿檀) 麻生(阿檀) Edit
07/30 16:29

TBリストを占領率高すぎな気が……?  “heimdal”の「初心者小説ブログ用紹介文」、今回はトラックバック打たせていただきました。

テンプレート「inframe」を〈NewMark〉推奨にしたときも、
http://adankadan.blog47.fc2.com/blog-entry-102.html
トラバ打たせていただきたかったのですが、なんかTBリストを占領しているので、申し訳なくて^^;

鍵コメ一つ、置いてまいります。
お手すきのときに、御覧いただければm(_'_)m

(※時間の間隔を空けて投稿してください、にひっかかりました。。)

daniel daniel Edit
07/30 18:04

 貴重な情報感謝です。(ホント助かります)

麻生さんは カチッとされてますよね。
私が麻生さんの性格だったら此処まで続いてないかもです
「答えたい時に答え、書きたい時に書く」 
でいいんじゃないでしょうか

Heimdal を御使い頂くばかりか記事にもして下さり感激しております。
テンプレーター冥利に尽きます。 
( まあ, 「解説」が要るテンプレート、てのもどうかという ry )

麻生(阿檀) 麻生(阿檀) Edit
07/30 20:10

> 「解説」が要るテンプレート、てのもどうか
再び、こんばんわ。えっと。あれは解説ではないです、紹介です^^

「小説を書いている」人たちも、「いいものがないかな」と言うているわけなので。
見つけたら自慢するわけですね「いいもん見っけた」と。
レベル的に、あれと変わりません、
……蜜みつけたミツバチがおしりふって踊るヤツ。

daniel daniel Edit
07/30 22:33

自分で書いてますけどね (笑
先程手当てを済ませました。 
これで行けると思いますが・・(ウチ、0~9 までしかないもんで)

Heimdal のselectboxを category だけにすれば
(そしてcategoryを「作品名」にすれば)
「作品」を選ぶ ⇒ 「章」を選ぶ  ・・という形にできます。
blog単体で一つの小説, という場合は、
「章」を選ぶ ⇒ 「節」を選ぶ  という形になるかと思います 
(スクリプトを変更する必要はありません)

麻生(阿檀) 麻生(阿檀) Edit
07/31 20:05

>先程手当てを済ませました。 
Heimdal新版、ダウンロード&確認させていただきました。
ご対応ありがとうございました^^

と、云いながら、うちは旧版ベースで動いていても、、かまわないものでしょうか^^;

>自分で書いてますけどね (笑
……、“ 「解説」が要る”(解説を読まないと動かない)と、“「解説」がある”(語るべき技術内容がある)とは、まったく別な気がいたします。(涙) 涙のワケは、プラグイン5545のDLコメント欄あたりにww

>Heimdal のselectboxを category だけにすれば

>スクリプトを変更する必要はありません
使用させていただきましたm(_'_)m

daniel daniel Edit
07/31 20:42

>selectboxを category だけ
「連載サンプル芥川」 あたりちょっといい感じではありませんか
(やはり Heimdal にはこのくらいtext量が欲しいですね)

小説載せるなら「blog臭い」コメントとかTBはとっぱらって
(或いは拒否設定にして)
小題右下の記事諸元も 「2006/07/31 校了」 とかに ry

麻生(阿檀) 麻生(阿檀) Edit
08/01 01:46

>小説載せるなら「blog臭い」コメントとかTBはとっぱらって
レイアウトの「ウツクシサ」を考えると、そうなるのですが。。。小説仲間を誘惑するときの売り文句は、「ブログだとコメントやTBがあるから、感想が貰いやすいですよ」なのです^^;

daniel daniel Edit
08/01 12:57

ごもっともです。
しかし、「作品世界への没入度」 という観点からしますと 小説文の直ぐ下にFORMとかがあるのはちょっと・・  という感じも(個人的には)しないでもありません。(ネタバレも危惧されます ^^)

FC2blogには現在、<%topentry_category_no> がサポートされてますから commentを 作品(あるいは"巻")毎の専用掲示板に誘導することは可能かもです。
http://pcafe.blog3.fc2.com/blog-entry-78.html

「小説用テンプレ」 面白いかもしれませんね。
自分は「縦書き」には拘りはありません(横書きで書いてました)
トルストイもヘミングウェイも横書きだった訳で・・

有希之武 有希之武 Edit
08/01 13:12

heimdalの背景ボーダー線、良いよね~
自分のテンプレートもタイトルが寂しいので拝借してしまいました(^^;
自分ならついつい画像を使ってしまうんですが、今回のは少々画像が多くて出来るだけスタイルシートで見栄えを整えたかったのですが、思いつかず、結局、拝借となりました。(お許しをm(_ _)m)
と言うか、未だにheimdalの仕組みが分からない自分です。(爆)

daniel daniel Edit
08/01 17:15

あ有希之武さん。 こんにちは
(タブレット使えるようになってよかったですね)
ボーダー線の背景化、手軽にできる割りに効果的なのでイイですよ。
>Heimdal の仕組み
ソース中に <html>~</html> ブロックが6つありますからね。
( 自分でも 「あれ、どうだったっけ?」 てなることあります )

- - Edit
01/09 22:55

管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます

daniel daniel Edit
01/10 02:19

こんばんは。 御訪問有難うございます。 
Heimdal は記事を独立した個別頁で読むという仕組みになっています
前文+続きリンク という記事が同一頁に複数あるという形をとりません
( 当店のテンプレートである Odin もその点は同様です )

通常のblogが「少年ジャンプ」のようなものであるとしたら
( ≒ 連載を読んでコミックを買いたくなる)
Heimdal や Odin は連載無しにいきなり単行本を出すようなものです
「一見さん」 に対するTop頁のツカミが弱い という点は否定できません
しかし、例えばジャンプのある漫画がモノスゴく好きだったとして、
ジャンプを何十冊もそのまま溜め込む人がいるでしょうか。
普通ならコミックを揃えますよね?
      略
Heimdal(やOdin)は「読者を得る」為のテンプレートではありません
読者(或いは”求めて来たりし者”)の為のテンプレートなのです。
(まあ 私が想定する「読者」とは自分自身である訳なのですが )

Heimdal のメニュー部はそれ自体「折り畳まれて」いる訳ですから
折り畳み要素を追加するのはかなり難しいと思われます


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/348-9ee2e881

Shown after Admisson
ブログで小説! *
いまさらですが。『ブログと小説!』的に、“heimdal”の紹介を書かせていただきます。 7月半ばのこと。ユーザーフォーラムに・カテゴリ内のタイトル一覧を表示したまま、どの記事も読めるようにしたい。・記事を読ん
.

≫ Heimdal 改訂附記 デスクトップバトン ≪

2006 / 07 / 22  Sat
Template   
Comment 13 / TB 1 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。