FCafe  Il Nome dello Monumento

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・ここで少し terminology について。
本特集? のテーマである 「管理人・作者のいなくなったblog」 についてですが、
何か 「世間一般で用いられている名称」 というものは果たして存在するのでしょうか ?
( 何方か詳しい方 御教示ください m(_ _)m )

「放置blog」・「廃(墟)blog」 「墓」、「死体」 等がまず浮かんだりする訳ですが、
ネガティブな印象ばかりが強くて本特集の趣旨とは馴染み難いと云わざるを得ません。 
(「廃墟ブログ」というのは実在するblogタイトルでありますし )

「留守blog」とか「休止中」、「不活性」、「停滞フィールド」 等になりますとややマイルドな感じになって来ますが、実際に対象となるのは「管理人が(二度と)戻って来ない」 blogである訳ですので意味的にはちょっと外れてしまいます。
( 英語で "Author-absent" と云うと割りとしっくり来るような気はしますが )

ちょっとカビ臭い感じは否めませんが「史跡」・「遺跡」 というのが趣旨的には近いような。
個人的には "モニュメント" という脳内名称で固まりつつあるのですが・・・
( 他に「妙案」 あり、という方 いらっしゃいましたら是非 )


Comment

出人 出人 Edit
12/30 01:04

「廃墟」とか「遺跡」ってのは、パソ通時代に使ってましたよね。あとね、ブログで言うと難しいんだけど、システム側が試験的に開設したボードなどが消されずに残っていたことがありましてね、そういうのを「秘境」とか呼んでたような気がします。そういうのをさがした人は英雄で、ま、そこに乗り込んでみんなでメッセージを書き連ねるなどという、洞窟探検のようなことをして遊んだこともあります。

無難なコメント?

daniel daniel Edit
12/30 03:56

こんばんは。 成る程、 廃墟・遺跡は使われてましたか。
私はパソ通の経験が全くないのですが、どんな感じだったのか
すごく興味があります。
外国とか行きますとモダンな新市街よりも鄙びた旧市街の方が趣があったりしますのですが、それとアクロポリスとかみたいな純然たる「遺跡」とはまた異なるものであると思えます。
まあドッグならぬネットイヤーではこの辺りは既に旧市街なのかもしれませんが、 FC2blog帝国の「遺跡」となるのも悪くはないかな、と。
(こちらが テンプレ騎士団の修道院でございます ・・とか)


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/404-82f41973

Shown after Admisson
.

≫ Project Methuselah システムへ期待するもの ≪

2006 / 12 / 29  Fri
General   
Comment 2 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。