FCafe  Project Methuselah

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 更新・維持が不能となった自らのログ(コンテンツ)を それでもなおWeb上に置き、(後世の)人々の目に触れるよう保ちたい。 ・・と願う管理人にとっては故に、自鯖や有料レンタル鯖は選択肢に入りません。  サイト維持に必要な諸々のフィーを支払う事も出来なくなる訳ですから。
( 「永代使用料」的な設定を持つサービスが存在するのであればまた話は別ですが )
FC2blogの如き「無料」のサービスでなければ。

 しかし、それだけではまだ十分であるとは云えません。
今や国内最強?の座に上り詰めたFC2blogと言えど、その歴史は僅か2年強。
5年後はともかく 10年後も存在しているでしょうか?  いや、100年後、1000年後は?
( 尤も 更に強力な企業にも百年以上の歴史を持つものなど殆ど無い訳ですが )
・・ 最良の無料サービスを選択する事は 『必要条件』 であるに過ぎません。
我々の取るに足らない駄文を聖書やコーランに並べ 後世に伝えるには十分ではない。
ネット(に自由)がある限り 時代を超えて我々の呟き(叫び)を伝えて行く為には。

 やはり、”人の手” が必要でありましょう。
「先人(同胞)のログを後世に伝える」 という強固な意志によって結び付いた人々の。
私自身まだ漠然としたイメージしかありませんが、 『管理人補完機構』 とでも云うべきその組織は 所属するメンバーがWebを去る時、彼(女)の託したログをその監視下に置きます(バックアップの作成は云うまでもありません)。 そして委託者(原作者)の意志に沿う形で公開状態を維持。 万一オリジナルログの載るサーバーが停止(消滅)するような事があれば、その時点で最適な条件のサーバーにログを移転しこれを公開します。   無料サービスのスペックは時代と共にUPする筈ですから Web世界に余程の構造変化が生じない限りこの方法が破綻する事は無いでしょう。 ( 組織のログを預かる事業者は業界最高の評価を得る訳です )
『補完機構』 などと言うと如何にも大仰な感じですが 要は 「管理人互助会」。
”ドメイン”ではなく「ログそのもの」 を継承してゆく為の組織です
(何らかの収益スキームが構築できればそれも不可能ではないかもしれませんが)。

「内容によらず、全てのログに価値がある」 という私の基本的な考えからすれば、『志を同じくする仲間のログのみを守る』 という上記の仕組みはやや趣を異にするものではありますが、「全てのログを分け隔てなく残す」などという業はかのG神にとっても物理的な不可能事であるのは疑いありません。
・・まあ、技術的には特別なWebスキルがなくても実現できる方法ではありますけれども、
「人が3人集まればケンカになる」と言われる位ですから実際には中々難しいかも知れません。
( 規模を適正に保ちつつ「後継者」も確保しなければなりませんし )
でも 何方か「やってみよう」 という御仁がいらっしゃれば御一緒させて頂くつもりです。
( 誰もいなければ そのうち わたs )

 既に当店は wayback machine にキャッシュされておりまして、より強力な同種のシステムが出現して来る可能性も十分有り得ると期待されますが、 かねてよりの個人的な展望など御紹介させていただきました。
( とりあえずFC2には100年くらいは頑張って欲しいところであります )


Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/405-5ed51b96

Shown after Admisson
.

≫ 一子相伝ブログ Il Nome dello Monumento ≪

2006 / 12 / 29  Fri
General   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。