FCafe  一子相伝ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウケン 「・・・集まったか」
トキ      「我ら三兄弟、此処へ」
ラオウ    「まだ年も明けぬというに何事か」
ケンシロウ 「ラオウよ。 あの星が見えぬのか」
リ 「おお。 お前には既に見えるというのか。 あの死兆星が」
ラ 「ぬうう」
リ 「時が来たのだ。 『継承者』を決めねばならぬ」
ト 「ノーザンディッパー・ザ・セイクレッドの、でしょうか?」
リ 「いかにも。 現存する最古にして最強のブログ、NDTSの、な」
ラ 「ならば長兄たるこの俺をおいて他はあるまい」
リ 「ラオウ、確かに三人の内 最も大なるPVを持つのはお前だが・・」
ラ 「が どうした?」
リ 「お前にはまだ、NDTSの真髄が会得できておらぬ」
ラ 「老いたな。 リュウケン。 我がブログは今や山をも動かす勢い。 
   トキのブログも世には知られているがPVは我の半分にも及ばぬ。 
   ケンシロウなどは月に数える程しか更新しておらぬではないか」
ケ 「悪かったな。 別にNDTSを継ぐ為にやってる訳じゃないんでな」
ト 「父上。 私は継承を辞退させていただきます」
リ 「うむ、お前の心根は優し過ぎる。   NDTSの宗主は務まるまい」
ケ 「正直、トキ兄がNDTSをやる、というのは想像つかないよな」
ト 「・・・・」
リ 「トキよ、恥じる事はない。 できるなら我も汝のように生きてみたかった」
ト 「いたみいります」
ラ 「なんだ。 年寄りの言はまだるこしいものよ。 結局俺か」
リ 「愚かな。 まだ分からぬのか」
ケ 「俺みたいよ?」
ラ 「ぐぬう。 呆けたかリュウケン。 この軟弱な末弟が何故!?」
リ 「汝の拳は外功の拳。 数多の資料と兵を用い力にて敵を捻じ伏せるもの。 
   内功の拳たるNDTSとは相容れぬものと知れい」
ト 「敵の論理的矛盾点を突き 一撃で内破させる恐るべき暗殺拳・・」
リ 「しかり。  自らは主義主張を持たず、只冷徹に敵を屠るのがNDTS。
   覇道とは対極に位置するもの。 ・・トキは良く理解しておる」
ケ 「まあ、はっきり言って世間からは好かれんわな」
リ 「それを地でいってるのがケンシロウなのじゃ。 しかも未だ戦って負け無し。 
   その才はおそらく開祖をも凌ぐじゃろう」
ケ 「褒めてんのか? 俺は只、気に入らんヤツを潰してるだけなんだが」
ラ 「うぬぬぬぬ・・・な、なんと。 この怠け者が我よりも上であると?
   こ奴にあの宿敵、サザンクロス・ザ・ホーリーと伍す力量があると?」
ケ 「SCTH? 伝説のメトセラ計画から生まれ、有志が継承してるっていうアレね。 
   態々闘んなくたっていいだろ。 俺、嫌いじゃないし。 あそこ」
ト 「それは有難い」
ラ 「?」
ト 「来年からSCTHの管理は私が受け継ぐ事になっているのでね」
リ 「と・・トキ! そ、それは、一体、どういう??」
ト 「御存知ありませんでしたか、父上。 SCTHの現当主は母上なのですよ」
ケ 「かあちゃんが? マジかよ」


Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/406-ea9fd3db

Shown after Admisson
.

≫ 年頭の御挨拶 Project Methuselah ≪

2006 / 12 / 30  Sat
D`sCo   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。