FCafe  Ticket to Write 再び

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 さて Goldenslumber の修正を済ませたら お次はその軽量(標準)化タイプをリリースし、その後は幾つかの雛形テンプレートのCSSバリエーションを定期的に追加する、というパターンで今年はやっていこう ( 2008年のFCafeは”テンプレショップ”になる! ) という予定であったのですが、また変更。
今年も行き当たりばったりに営業させていただくことになりそうです。

 一時騒がしかった 「管理画面セッション落ち」 ですがまだ完全に終息した訳ではありませんようで、
blogの記事を書く時はエディタを使用しているので実害経験は無い私も、テンプレート編集などでは偶に遭遇(その場合もこの方法で殆どリカバリ可能ですが)しております。
かように 自分では被害を受けおりませんし、 「何度も記事が無くなった、どーしてくれる!」  ・・という訴えには 適応力の乏しさを第一に感じてしまう性質なのですが、 普通に考えてみれば blogをレンタルして所定の入力欄に記事を書き,送信したら記事が載るのが 『当たり前』 。
「スマン、またログインからやりなおして頂戴」
・・なんて云われたらFC2を●●したくなる人がいたってちっとも可笑しくない。

・・という訳で 昔のアレをもう一度引っ張り出してみる事にしました。 (当時は「旧管理画面」でしたが、その後「新管理画面」もリリースされましたので)
思い出深いテンプレを再び蘇らせようと思ったのは、勿論FORUMでの報告が稀にではあってもなお目に付くのを何とかしたかったからですが、直接のきっかけは、デジタル独り相撲でのRPMさんの記事でした。
確かに、(書いたばかりの)「記事」 が消えてしまうのは、新規投稿画面が送信後に 「再ログイン画面」 に変わってしまう時です。(「だから文章はエディタとかで書いといて管理画面に貼り付けりゃいいんだよ」 という考えは此処では置いて)通常のユーザーからすれば、投稿ボタンを押したら 『投稿が正常に完了しました』 などと表示されれば済むことなのにどうして、・・・と考える方がむしろ自然でしょう。  ギャンブルじゃあるまいし苦労して書いた文章が 「ハズレ」 で全てパーになるのはたまりません。
『失敗しました』 という表示が出たとしてもリトライが可能な仕組みを何故実現できないのか。

・・・ RPMさんの主張は全く御尤も、と頷かざるを得ないものです。 私の Ticket_to_Write オリジナル版 も正にその発想から出たもので、「入力した記事文章をテンプレートが保持し続ける」 事によって再ログイン後の管理画面投稿欄に同じデータを再入力する事を可能とするものでした。   しかし、RPMさんの記事文面のような形と比べるとやや煩雑な印象が否めなかった訳です。

  この頁続く

Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/536-0f012265

Shown after Admisson
.

≫ 普通乗車券 Goldenslumber 修正 ≪

2008 / 01 / 27  Sun
ThisBlog   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。