FCafe  TagSaver

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先月は(FC2blogの)ユーザータグリストの表示方式についてあれこれ書かせていただいている内、 「ドロップダウンメニューのツリー化」 などという方面に脱線した管理人。  そのままお次は 「外部要素による ry 」 ・・と脱線を続けたい処ですが、 今一度テーマをユーザータグに戻して。

 FC2blogにはログのバックアップ機能がサポートされていますが、件のユーザータグについてのデータは保存されません。  この点についての不満(改善要望)はフォーラム等で度々目にしますが、確かにマルチカテゴリ (複択式でなく ファセット)的に使用した場合、タグデータをゼロから打ち直さなければならないのはかなり不便であると言わざるを得ません。
(そのように使用しているユーザは多くはないかもしれませんが) 我々ユーザー側で何とかできないものかと考えてみました。   Firefox , IE  対応

sample image

  

【 方 法 】 テンプレート編集で HTML部をクリアし 以下のソースを貼り付け TagSaver という名で保存します
( CSS部は空白で可です )

テンプレート(TagSaver) 作製後の手順は以下の通りです

  1. まず管理画面「blogの設定」で search_area の記事表示件数を最大に設定しておきます
  2. スクリプトが有効な環境で管理画面から TagSaver をプレビューします
  3. プレビュー画面中に 「バックアップ完了」 のメッセージ (alert) が表示されます
  4. 確認後、画面中のtextareaを右クリックし内容を 「全て選択」 します
  5. 選択した内容を適当なテキストエディタに 「コピー&ペースト」 します
  6. 適当な名前(例: mytags.html )を付け HTMLファイルとしてセーブします (文字コードは EUC )
  7. ローカルに置いても使用できますがアップロードしても使用できます  sample
 

【 解 説 】 TagSaver はユーザータグのバックアップファイル(のソース)を作製するテンプレートです。
( 故に タグを保存しようとする記事は 「公開」 状態にしておかねばなりません )
TagSaver は最大件数に設定された検索モードで自らの子窓をオーバードライブし 各エントリのタイトルとユーザータグのみを収集 、textarea にバックアップファイルのHTMLソースを書き出します。
作成されたHTMLファイルはブラウザ上にエントリ毎のタイトルとユーザータグ群を表示します。 タイトル部には時系列順に連続した番号で「記事編集リンク」がスクリプトによって付与されており、(一度全記事を削除した)ブランク状態のblogにバックアップログを読み込ませた際の記事番号に対応します。
  即ち、
タイトルのリンクから当該記事の編集頁を開き エントリのユーザータグをコピペする事ができる訳です。
 ( タグ復元作業の自動化も 何とかなるかも知れませんが、それはシステムに期待すべきでしょう )

Comment

hassaku hassaku Edit
06/12 09:32

いつも、勉強になります。 iframeで作業して、必要な結果を親要素にコピーすればいいんですね!!
実は、幣作のnewマークカテゴリーシリーズには重大な欠点がありました。iframeのなかに展開しているので、ブラウザごとにiframeと内容のサイズが不安定だったのです。これで解決すると思います。ありがとうございます。

このツール、Fxcelと組み合わせてもらえると、統合的ですよね。

重箱の角突きですが、
テンプレート名は、「<%style>」を使ってほしかったかも...ww

daniel daniel Edit
06/12 10:36

hassaku さんおはようございます。

それなんですが %style ではプレビュー中のテンプレ名は取得できないのですよ
( ”preview” と出力されます )

keeper無しでスタイルを維持する機能は既に供出中のツールテンプレに搭載してますが
今回はソースを簡潔にしたいというのもあり
 「おりの名前をいってみろ(古)」  方式とさせていただきました w

hassaku hassaku Edit
06/12 12:10

失礼しました てっきり、テンプレート名をクリックして、template=XXX で使うのかと思いこんでました。

前述どおり、iframe内でつくったものを親に渡すように変更したところ、余分な空白もなくなりスッキリしました。(^o^)

しかし、noscriptに対応させるなら、追加機能分だけ子から親を操作するといいのかなぁ...と振り出しに戻ってしまったところです。(^_^;

hassaku hassaku Edit
06/12 12:36

??バグ?? 生成したコードをファイルから開いて、記事タイトルのリンクをクリックしても、記事の編集画面に遷移しません。
下のようにしたら、正しい記事番号で開きました。ご確認ください。
<a href="#<%topentry_no>"→<a name="<%topentry_no>"
A[i].href=B+(i+1)→A[i].href=B+A[i].name

daniel daniel Edit
06/12 13:02

hassakuさん
これは 「お引越し」ツールあるいは 「記事番号リセット(デフラグ)」 ツールなのです
(現状で使うものではありません)

hassaku hassaku Edit
06/12 13:24

またまた失礼しました ちゃんと書いてありましたね...m(_~_)m


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/567-12b1dd79

Shown after Admisson
.

≫ 親子カテゴリ機能サポート TheDailyPublic紙面変更 ≪

2008 / 06 / 12  Thu
Template   
Comment 6 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。