FCafe  Ticket_to_Write改訂

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  当店より御提供中の記事投稿・編集用テンプレート Ticket_to_Write (TTW)を少しverUPしました。

TTWは記事投稿(編集)時、送信結果を別窓に表示させる事により文書入力FORM(元原稿)をそのままの状態に保ち、セッション切れやサーバービジーで投稿が失敗に終わっても簡単に 「やりなおし(再送信)」 を可能とするよう作られたものですが、 必要以上に投稿画面が維持される、という性質も帯びておりましたのが今回の修正ポイントです。
従来は 「新規記事」の投稿(送信)が成功裏に完了しても 入力画面が変化しない為に(”編集モード”の気分で) そのまま「加筆・修正」を行い再送信してしまう、というケースが在り得ました。(同じ記事がもう一つできてしまう)
「再編集」リンクのある投稿結果頁が表示されないTTW(Express版)では過去記事リストを経由しなければ投稿した記事の再編集を行えない、という点もやや煩雑に感じられた訳ですが、(当初から認識しながら放置して来た)これらの問題に遅蒔きながら対処してみた訳です。

   新しいTTWでは 新規記事投稿に成功すると確認メッセージ後  「その記事の編集画面」 が表示されます


 今回の改訂のきっかけは勿論、前記事で触れた 親子カテゴリ機能 に先立ってオフィシャルにより実装された下書き保存機能 です。
「新しい記事」 を書いてると投稿ボタンを押さなくてもシステムが自動で原稿をセーブしてくれる、というこの機能はTTWとは全く異なる仕組みによるフェイルセーフメカでありまして、”(原稿の)定期的バックアップ”により TTWがカバーし得ない『クライアント側のブラウザ(システム)落ち』 や リンクのクリックによる投稿(執筆)画面からの遷移、別頁での作業中のタブクリア等による”原稿”の消失( 現状では「セッション切れ」よりもこういったケースが多いと思われ) 等に有効です。
しかし、当然(肝心の)FC2側のシステムダウン時には機能しない(TTWは対応可)訳で。
・・・ これを何とか 「補い合う」  形にしたかった訳ですが如何でしょうか

Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/570-c6273ac1

Shown after Admisson
.

≫ TagSaver改訂 親子カテゴリ2 ≪

2008 / 06 / 21  Sat
Template   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。