FCafe  「戻る」ボタン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  寒さとKS作業によりなかなか「新しい」作業には取り組めませんので、一度JUGEMで書いたカスタマネタを少しアレンジしたものなど。
  ・・・皆さんのテンプレート、 エントリモードでのナビはどうなっているでしょうか。
前後の記事のリンクの間に [HOME] 等となっているパターンが大半だと思います。 blog初期画面へのリンクである訳ですが、これはTOPタイトルをクリックするのと同じくその記事に至るまでの道程をリセットする事を意味します (アーカイブやカテゴリや 「検索」 を経て辿り着いた作業が無に還る訳です)
これは「勿体無い」ことではありませんか。
『その記事を選択した』前の頁に戻れたら便利だろうと思いませんか?
・・・実際上はPCのBS(バックスペース)キーやブラウザの「戻る」ボタンを押せば済む話ではある訳ですが、blog内にそのボタンがあればよりbetterではないでしょうか。

 当店で使用している 「 BACK 」 ボタンの設置法です
 「一つ前のページ」というのは URLではリンク出来ません。 スクリプトで参照履歴を戻るという方法をとります。 (ボタンを置きたい場所に以下のようなタグを書きます)
<script type="text/javascript">
document.write(' <input type="button" OnClick="history.back()" value="BACK">');
</script>

ボタン自体もスクリプトで書き出されますので、スクリプトoff環境ではボタンそのものも表示されません。
 

 「 Page TOPに戻るリンク 」 もスクリプト化可能です。  (通常の方式でラベルへのリンクで頁初めに戻ると、頁内移動であるにも拘わらず履歴が増えてしまうのですが、  頁TOPまで一気に「スクロール」させればその問題を回避しつつ同等以上の速度で同じ効果を得られます)
<script type="text/javascript">
document.write(' <input type="button" OnClick="scroll(0,0)" value="▲">');
</script>
<noscript>
<a href="#top"><img src="ボタン画像"></a>
</noscript>

こちらはスクリプトoffの場合は本来のラベルジャンプを使えるように noscript タグで代替ボタンを記述しておくと良いでしょう。 ( BACKボタン設置の際はセットで作業されると良いかもしれません)

Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/68-a0d8ec71

Shown after Admisson
.

≫ <%cno> upload 順序 ≪

2005 / 02 / 20  Sun
Navigation   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。