FCafe  Archive 非表示

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  Calendar の過去・未来方向へのリンク表示を「アーカイブ存在範囲」に限定することが出来ました。
この処置の効用は 「来訪者が無駄に空頁に迷い込むのを防ぐ」 というものですが、 実はその他にも (特に「過去方向」について) は、使途が存在するのです。 (それが本来の目的であったりする?)

  一定以上過去の Archiveを(カレンダーのリンクから)参照不能となるよう設定しても、その「境界」より更に過去の日付で記事を投稿可能である事は言うまでもありません。
「 ??? 」
(何の事かさっぱり、という方には後程改めて解説させて戴きます)
・・・そのような「通常のアクセスから外したい」特別な記事についても当然、アーカイブは形成される訳ですが、 カレンダーのリンクからのシリアルなアクセスはブロック出来ても、ARCHIVEリストからダイレクトに参照されたら元も子もありませんよね。

特定(年度)のアーカイブをリスト上で非表示化する方法です。
( ・・・前テンプレートではこれもスクリプトに依っていたのですが、 CSSのみで可能でした
 FC2の独自タグさまさまですが、随分ムダなコードを書いていたものです  )


【 方 法 】  通常ARCHIVEリストは以下の様になっています  ( 略例 )
<ul>
<!--archive-->
<li>
<a href="<%archive_link>"><%archive_year>/<%archive_month> (<%archive_count>)</a>
</li>
<!--/archive-->
</ul>

  それを以下の様に変更します
<ul>
<!--archive-->
<li class="n<%archive_year>">
<a href="<%archive_link>"><%archive_year>/<%archive_month> (<%archive_count>)</a>
</li>
<!--/archive-->
</ul>

  CSSに以下の記述を追加します ( 2000年の日付で投稿した記事のARCHIVEを隠す場合 )
.n2000 {display:none}



【 解 説 】  原理は前記事と同じです。 非標示とする年度はCSSに複数指定する事も可能です (例)
.n1999, .n2000 {display:none}

Comment


.  
HN Title URL PW secret

TrackBack http://pcafe.blog3.fc2.com/tb.php/87-2c68be56

Shown after Admisson
.

≫ Category 非表示 空リンク非表示 2 ≪

2005 / 03 / 26  Sat
Navigation   
Comment 0 / TB 0 / Edit
Designed by Daniel Corporation . all rights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。